大宮で膝関節痛なら天神山接骨院

2017/12/21

こんにちは、今回は膝の痛みについてお話しできればなと思います。

まず、膝が痛たかったら病院に行くと思います。

しかし病院にいってレントゲンやMRIをとって検査しても、軟骨がすり減っているだとか言われて、湿布薬だったり、痛み止めをもらってその場しのぎというケースがほとんどかと思います。

しかししれではいつまでたっても症状が改善せず、ずっと病院通いというパターンが永遠と続いてしまいます。

ひざ痛にも必ず原因があり、そこを改善していけば痛みは自然と消えていきます。

軟骨がすり減っているからといってそこが必ずしも原因とは限りません。

もっと他に原因がある場合がほとんどです。

なぜなら軟骨には神経があまりなく、そこで痛みが生じるとは考えにくいのです。

ということはレントゲンやMRIだけでは判断しにくいと考えます。

当院ではもっと他の原因を探してそこにアプローチしていきます。

ご自宅でできる簡単な改善方法をあげていくと、大腿四頭筋という太ももの前側の筋肉を緩めてあげることです。

膝を曲げてストレッチする方法もありますが、膝を曲げると痛いという方は、お風呂上りなど身体が温まっている状態で軽く全体的にマッサージしてあげましょう。

そのあとに脚をまっすぐ前に出し、つま先方向へ身体を倒していきましょう。

この時もゆっくりと深呼吸をしながら行ってください。

すると膝周りの血行もよくなり、痛みの物質も消えやすくなります。

膝関節の痛みでお困りならぜひ一度ご相談ください。

院長 細井康隆