猫背改善の寝方

2018/01/04

皆さんこんにちは、天神山接骨院院長の細井です。

今回は猫背改善の寝方を紹介したいと思います。

猫背の方の首をみてみると大抵の方が首が前に出てしまっています。

首がまえにでてしまっているらためにそれにつられて肩が内側に巻き込んでしまい、大胸筋や腹筋群が緊張してしまい猫背にみえてしまっています。

なのでまずは首にアプローチする寝方をご紹介したいとおもいます。

まず、バスタオルや大き目のタオルをぐるぐると巻いて筒状にしてください。

それを首の下に置いて寝るだけです。

首と枕との間が空いてしまっていては意味がないのでちょうど心地良いくらいの高さに調節して寝てみてください。

すると前方へ突き出てしまっている首が元の位置に矯正されていきます。

これはストレートネックの方にもおすすめです。

まっすぐになってしまっている頸椎がきれいなS字カーブ状に矯正され頭の重みをクッションのように吸収してくれて、首まわり、肩回りへの負担を軽減してくれます。

この枕を使ってみて違和感を感じるようでしたら最初は5分程で良いのでやってみてください。

慣れてきたらそのまま熟睡できるようになりますよ(*^^)v

寝ている間にタオルが崩れてしまう場合はヘアゴムなどで固定してあげてもいいかもしれませんね!

意外とこの方法でストレートネックや猫背が改善されるケースも多いですよ(^^♪

僕自身もストレートネックだったのですがこの方法で改善することができましたので、ぜひ一度試してみてください。

天神山接骨院院長 細井康隆