猫背の改善で身長が伸びる

2018/01/03

皆さんこんにちは、天神山接骨院院長の細井です。

またまた前回に引き続き猫背特集をしていきます。

猫背のひとは、どのくらい多くの負担が腰にかかっているかというところまでおはなししましたね。

実は猫背のひとはおおよそ通常の方に比べて2倍もの圧力が腰の椎間板にかかっています。

どうですか?びっくりじゃないですか?

というわけで猫背のひとは腰痛になりやすいのです。

 

猫背のひとは、横向きになっている時以外すべての姿勢で前かがみの状態になっていりのです。

ということは正常な人と比較すると絶対的に腰に負担がかかっている時間が長くなるわけです。

ですので腹筋、そして背筋のバランスが崩れ、筋力の弱い方の背筋が悲鳴をあげ腰痛が発症してしまいます。

もう一つ猫背のひとが引き起こしやすい疾患として肩こりがあげられます。

猫背になると、肩こりも引き起こしやすくなります。

良い姿勢が維持できていると頭の重みは背骨が支えますので猫背にはなりません。

しかしながら、前かがみの姿勢を続けた状態でいると、頭の重みを頸、そして肩にかけての筋肉群が受け持つようなかたちになり、肩の筋肉に大きな負担がかかり肩こりを引き起こしてしまうといった、結果になってしまいます。

読書やデスクワークの時、少しだけ首を前にかたむけますよね?

そういった姿勢をとると、首の筋肉に流れてゆく血流が悪くなり、筋肉へ供給される血液量が減少してしまいます。

そうするとそこの筋肉は固くなります。

ということで肩こりへとなってしまうケースもあります。

今回はここまでにしておきますね。

天神山接骨院 院長細井康隆