大宮で猫背の改善効果実感なら天神山接骨院

2017/12/29

皆さんこんにちは、天神山接骨院院長の細井です。

なぜ猫背になってしまうのか?

長時間のデスクワークだったり、パソコンをいじったりついつい前かがみになってしなうことがあるのではないでしょうか?

仕事だししかたないかな、と思われがちですが、実際はこういった日常の動作が積み重なって猫背になっている可能性もあるのです。

一般的に身長が高い人は、建物の中だったり、乗り物に乗るときに頭をぶつけないようにと、自然と身体を丸めることが多くなってしまい猫背になりやすい、なんてことも言われています。

また、普段運動をする習慣がなかったり、老化などで背骨を支える筋肉を使うことが少なくなってしまい筋力の低下とともに背中が丸くなってしまい、猫背になることも多々あります。

どうして前にかがむのかというと、背筋が腹筋よりも筋力が弱いからです。

背筋は腹筋に比べて使う量が少ないため、腹筋の方が優位になってしまい。背筋のほうが弱いということになってしまいます。

ということは、そもそも私たちの身体は前かがみ、猫背になりやすいということです。

さらに背筋が弱まってくるとどんどんと前かがみとなってしまい、猫背へとなってしまうのです。

しかし、一時的に背中を丸めて前かがみになってしまっても、その後すぐに背中を伸ばし、ちゃんと胸を張り、姿勢を戻せば大丈夫です。

しかしながら、前かがみの状態が癖になってしまい、習慣化してくると、猫背になります。

長くなってしまったので続きは次回にしたいと思います。

天神山接骨院 院長細井